ホーム 地図・お問い合せ
羽仁もと子・吉一
F.L.ライト
遠藤新

 羽仁もと子 1873(明治6)−1957(昭和32) 青森県八戸市生まれ。幼い頃から理解できるまで徹底的に考える子供でしたが、たいへんに不器用で、また音痴だったため、絵画や唱歌を習うのに苦労したそうです。このことは後にもと子が自由学園の芸術教育に力を注ぐ要因となりました。
 
 その後、1889年(明治22)に上京。東京府立第一女子高等学校へ入学しますが、その後、目指していた女子高等師範学校の受験に失敗。当時、少女たちの人気雑誌であった『女学雑誌』の編集長、巌本善治が校長を勤める明治女学校へ入学しました。明治女学校時代には『女学雑誌』の校正を手伝い、雑誌作りの基礎を学びました。 また明治女学校での規則正しい寄宿舎の生活は、自由学園における生活重視の教育に反映されています。
 
 1892年、もと子は郷里に戻り、小学校や女学校の教師となります。この頃結婚しましたが半年で離婚となり、一からやり直す覚悟で再び上京、報知新聞社に校正係として入社、持ち前の才能から女性初の新聞記者として大活躍することになります。
 
 羽仁吉一(1880−1955)と社内結婚したのはこの頃です。吉一は山口県三田尻村(現防府市)に生まれ、漢学塾に学び上京、報知新聞社に入社し政治記者として活躍していました。
 
 1903年、二人は新婚生活の中から題材を得て、婦人誌『家庭之友』(『婦人之友』の前身)を創刊し、数年後、独立して婦人之友社を設立しました。雑誌を通じて、古いしきたりにとらわれていた女性たちに、自分の才覚で家を切り盛りする知恵と勇気を与えました。
 
 1921年(大正10)、もと子と吉一は、知識の詰込みではない、新しい教育を実現するため、自由学園を創立しました。生徒に自ら昼食を調理させるなど生活と結びついた教育はまさに大正デモクラシー期における自由教育運動の象徴と言えましょう。

Copyright(C) Jiyugakuen Myonichikan